子供の脱毛症ってあるの?

最近では脱毛症で悩む子供が増えてきています。抜け毛の原因として考えられる事に、ストレスや食生活、また運動不足や夜更かしなどが考えられます。子供を取り巻く抜け毛の原因について探ってみましょう。

スポンサード リンク



 

子供の脱毛症ってあるの?

あなたにとって脱毛症で困っているといったらどのような人を想像しますか?多くの人は40から60歳くらいの中年男性を想像しますよね。中年男性が抜け毛などの脱毛症で悩むのは男性ホルモンが影響している事もあるので、ある程度は自然な事なのです。まれに女性も脱毛症で悩む事があります。でも比較的多くの子供が脱毛症で悩んでいると聞いたら“えー”って思いませんか?

でも実際に最近では脱毛症で悩む子供が増えてきています。抜け毛の原因として考えられる事に、ストレスや食生活、また運動不足や夜更かしなどが考えられます。

まず生活習慣の変化についてですが、子供にしろ大人にしろ、髪が生えてくるのは夜、体が眠っている時間です。体が休んでいるときにこそ、頭の頭皮では細胞(毛母細胞)が活発に働いて育毛されているのです。ですから夜更かしなどでその休息時間が削られれば、髪が生えにくくなりやがては体調も崩して抜け毛を引き起こすことも考えられます。

次に大きな原因として考えられるのは食生活の変化です。便利なファーストフードやコンビニのお弁当などが手軽に手に入るので、どうしてもそういったもので簡単に食事を取りがちになります。これは大人の責任でもありますが、そういった簡単な食事では残念な事に子供が成長するために必要な栄養素がバランスよく取れるとは言いがたいのです。コンビニ弁当などでは、大豆などから取れるタンパク質や緑黄色野菜から採れるカロチン、ビタミンBなどが不足しやすく、どうしても栄養素が偏ってしまうのです。

またストレスも子供の抜け毛の原因といわれていますが、この場合なかなかその原因がつかめない事があります。社会生活を行う上でどうしてもストレスがたまりやすい環境になっているかもしれませんね。ただ適度な運動がストレスを発散させてくれる事もあります。脱毛症の改善のためだけでなく、運動をすることで他にもいろいろなことがよい方向に行くとも考えられていますので、程よい運動を行えるようにご両親も配慮してみてください。