科学的に効く育毛剤

科学的に効くといわれる育毛剤成分ミノキシジル&フィナステリド

スポンサード リンク



 

科学的に効く育毛剤

現在育毛の成分として色々なものがうたわれ、その成分を含有した育毛剤が数多く発売され宣伝されています。しかしそのほとんどが“ある人に使用したところ発毛に効果があった”とか“抜け毛が少なくなった”とか、割とあいまいな表現がされています。それは育毛の効果を科学的に解明しにくいというのが根底にあるからなのですが、この2つの成分だけは育毛に効果があると“科学的”に解明されたものらしいのです。

育毛に効能があるといわれている2つの成分とは“フィナステリド”と“ミノキシジル“という成分です。

まず、フィナステリドですがなんと90%超えの確立で被験者に何らかの効果があったといわれています。非常に効果が高い成分なのです。このフィナステリドですがアメリカのメルク社という会社が開発したのですが、今では世界中で使用されており、最近やっと日本でも処方箋があれば使用できるようになりました。

この成分は飲用して使う育毛剤なのですが、抜け毛の原因である男性ホルモンを抑える事で育毛を促す効果があるようです。今まさに大人気の成分です。

もう一つのミノキシジルの方ですが頭皮だけではなくて全身のどこの毛でも増やす効果があるようで、使用時にこぼさないように注意と表記してあったりと、非常に効果が高い成分なのです。

元は高血圧の治療薬として開発されたらしく、イクモウ剤を頭皮にかけることによって血管が広がる効果があり、その結果、育毛を促進するそうです。

どちらの成分も、育毛剤の効果が非常に高いと(効く育毛剤だと)いうことで色々な育毛剤に使用されています。育毛剤ランキングなどでも確認してみてください。きっと色々紹介してありますよ。